みほ6「見てないようで見てる」

ゆーじの相棒とみほさんのアソコが
触れ合う程度に接近する
たっぷり濡れているようだ

みほさんの背中に手を回して
キスをしたまま抱きしめる

ぬちゃ
そんな音がしたような感じで
相棒の頭がみほさんの中に埋没する

 

 

彼女がモゾモゾと腰を動かす
細かい位置調整をして
ゆっくりと腰を下ろしてくる

彼女のアソコは結構きつくて
抵抗感が感じられるが
ハンパなく濡れているので
スムーズに挿ってくれる

あぁ~ん・・
いいっ~

ゆっくりと腰が降りてくる

あぁ~ん・・
奥に当たるぅー

 

声のオクターブが上がる
はっ!と気になって見渡すと
全員が動きを停めて
こちらを見ていた

注目を浴びてるとも知らずに
みほさんは動き始める
ゆっくりと腰の上下に動き出す

あぁ~ん・・
気持ちいいー

まだ全員がこちらを見ている

Bくんと目があったので
そっちも始めろよ!と合図をすると
にやりと笑って目の前の女性を
立たせて下着を脱がし
同じように対面座位に移行していった

それを見ていたAくんも
遅れてはなるものかと
いそいそ同じ動きを始めた

ゆーじの上ではみほさんが
もう思いっきり腰を振っている

みほさんの蜜壺がキュッキュッと
定期的に締めてくるので
すごく気持ちがいい

 

みほさんと出会ったサイトはちらです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください