エリカ4「軽いキスで終わるつもりが、終わるわけもなく・・・」

うぅ・・・ん・・

むぅ~

当然軽いキスで終わるわけもなく
ディープキスに

彼女の口の中にゆーじの舌が入る
上の歯のの裏側を舐める

舌と舌が絡みつく

手を伸ばして胸を揉む
ここまでくると遠慮はない

息苦しくなったのか
エリカさんはキスを解き

はぁ~んっ・・・

彼女の手は相棒に伸びていった
パンツの上からスリスリと動く

そのうち待ちきれなくなったのか
パンツの中に入ってきて
しっかり相棒を握りしめる

ゆーじもエリカさんの下半身に
手を伸ばしてパンツの上から
アソコを撫でる

あぁあ・・・

うん・・・ん・・

 

 

パンツの上から手を滑り込ませる

はっ!

あ~ん・・・

エリカさんのアソコは既に
洪水のように濡れていた

いっきに蜜壺の中に指を入れる

はぁ~!

うんんん・・・

指の出し入れをゆっくりする

エリカさんの手は相棒を
さらに握り締めてくる

あぁん・・・

いぃー
いいのー
気持ちいいのー

 

エリカさんのパンツに手を掛ける
彼女が腰を軽く上げて協力する

ゆーじは自分のパンツを脱いで
エリカさんの足を開いて
その間に自分の体を入れていく

相棒がエリカさんのアソコに当たる
そのままゆっくり上下に動かして
彼女の愛液を相棒を着ける

そしてゆっくりと挿っていく
ヌプッと音がして
吸い込まれていく

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください