郁恵7「私だけの夢へ」

あぁぁ~ん
ゆーじくん・・・

いいの
いいの・・・
キスちょうだい!!

身体を倒してきて
キスをねだる郁恵ちゃん

その身体を抱きしめて
動けないようにして
思いっきり腰を突き上げる

あああーーーーーーーー!!

うぐっ・・・

そんなに強く突いたら・・・
ダメダメダメーー

壊れちゃうー

浅く、短く、早く出し入れをする

あっ・・・あっ・・・
あーーーーーーー!!

気持ちいいの

中が熱いの

あぁ~

 

 

抱きしめていた手を放す
身体を起こして
腰を前後に動かす

その動きに合わせて
ガンガン突いていく

あ・・・・
あ!

もう・・・
イキそうなの・・・・

イッてもいいよね
あ~ん・・・

もう止まらないの
大きいのが奥にあたるー

あーーーーーーー!!

あ、イク・・・

イクイクイク・・・

イ・・・・。

身体をビクビクさせて
長い間震わせる

腰が微妙に動いている
まるで余韻を楽しむみたいに

 

次はあなたが出会う番です♡【ラブサーチ】

 

あっ

また来そう

ね、またイッてもいい?

私だけイッて恥ずかしい・・・

でも・・・

あーーーん
イクイクイクっ・・・・

ゆっくりとに動きが止まる
中はピクピクしたままだ

郁恵ちゃんのお尻を撫でる
ピクっと身体を震わせる

それも次第に落ち着いてきた
ゆっくりと身体を離して
ゆーじの横に横たわる

ベッドから降りて
コンちゃんを装着する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください