ミト9「わたしちょっと濡れやすいんです」

腰が少し上がったので
今度は指を入れて
前後に小刻みに動かす

 

あひぃぃー
そ、それいいー

 

どんどん溢れる愛液

ミ・・・ミトちゃん!?

ふあぁ~い?

咥えたまま返事した・・・

服を全部脱がない?
じゃないと全部濡れちゃうよ

あー
そうでした、そうでした

わたしちょっと濡れやすいんです

いやいやちょっとどころじゃないからw

 

 

お互い身体を話して服を脱いでいく

胸が素晴らしい!

全部抜いて仰向けに

ゆーじさん
もう来て!

ミトちゃんに覆いかぶさる

もう何の遠慮もいらない
ミトちゃんに覆いかぶさり
相棒の照準を合わせた

ミトさんのアソコは
もうトロトロに濡れまくり
相棒を今や遅しと
待ちわびていた

そうなるとジラしたくなる
相棒でクリを転がす

ミトさんは腰を動かして
相棒を密壺の中に
誘い込もうするが

ゆーじは簡単に挿れずに
のらりくらりとジラす

 

 

ねぇー
ゆーじさん・・・

イジわる・・・

ちょっと半べそ気味で
ミトちゃんは言ってきた

これ以上は可哀想になり
同じ動きの中で
いっきにミトちゃんの中に
相棒を押し込む

あぁーーーー
んーーー

はぁ~ん・・・

ふ・・・

えーーー

ゆーじさん・・・

まだ奥に入るの???

あぁ・・

ふ・・深いー

 

ミトちゃんと出会ったサイト「ハッピーメール」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください