ミト10「愛が止まらない」

えぇー
当たるの・・

あぁー
ダメダメダメ・・

壊れちゃうー

し・・子宮に当たってる!!

う・・
うそ!!

旦那とは全然ちが・・・

あぁーん
そんなにグリグリしないでぇー

バイブを買ったくせに
よく言うよwww

おそらく軽く潮を吹いてる
と思われるほどの愛液の量

ジュボジュボを音がすごい

ああ~ん・・・
すごいーー

もっといじめたくなった
ミトちゃんの両足を抱えて
上から押しいれる

うぐぐー
ふ・・・
深い~

ひえぇぇぇー

ダメダメ・・・

で・・・
出ちゃう~
いやぁーーー

頃合いを見て抜くと
ジョジョジョ~
ミトちゃんのアソコから
弧を描いて噴き出す

と・・・止まらないの
いやぁぁ~

それでもしばらくして
潮吹きが収まった

ミトちゃんは
息を意識朦朧として
目を閉じている

 

 

 

ゆーじさんは意地悪ですね
もう恥ずかしくて
目を合わせられません

そういってうつ伏せになり
お尻をこちらに突き出す

顔を合わせられないので
後ろからお願いします

ベッドの上には水たまり
それを避けて
可愛いお尻を向ける

後ろに回り
腰に手を回して
相棒を押し込む

あぁ~
今度は当たるところが違うの

もっと奥に下さい
さっきみたいに

それでも相棒は
大海を泳いでいる感じ
潮を吹くまでもなく
ドクドクと愛液が溢れてくる

はぅ~

ミトちゃんはシーツを握りしめ
顔も上げていられないみたい

あああああぁー
いい・・
イキます

イキます、イキますー

細かく震える蜜壺の中で
相棒を締め付ける力も増す
ゆーじも耐えきれなくなって

頃合いを見て抜いて
ミトちゃんのお尻をめがけて
ドクドクと吐き出す

 

ミトちゃんと出会ったハッピーメールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください