タイ旅行記7「バンコクで果たして天使が舞い降りるのか!?」

 

 

目も慣れてきたので、一周回ってみることにしました。

舐めるような目で女の子を品定めしておきます。
女の子もそのつもりで来ているので、何の問題もありません。
視線を感じて逆にアピールしてくる女の子もいます。

 

 

一周回るうちに3人の女の子と話をしました。
性格も愛嬌も良さそうなんですが、いかんせん高いです。
まだまだ時間も早いので、ふっかけられてるのだと思います。
そのため再び席について隣にいた日本人の男性と話をして時間を潰しました。

30分は経ったでしょうか。
女の子もかなり入れ替わりました。

再度徘徊します。

 

いたー!!
今夜これまでで一番の好みの女の子です。
これを逃すと後がないカモしれないので、さっそく話かけます。
というか男も女もヤルことは決まっているので、価格の交渉に入りますが、やはり高い。
悩んでるとゆーじの視野の片隅に、先ほどの男性の視線がありました。
その男性に取られるくらいならと、女の子にOKを出します。

女の子と腕を組んでお店の外に出ます。
この女の子はカタコトの日本語が出来るみたいです。
普通はタクシーに乗るところなんですが、ホテルがすく近くだったので歩いて行くことにしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください