タイ旅行記11「生のままプロイはゆーじに跨って、自分から挿れてきた」

 

プロイは先に息を吹き返して、ゆーじの相棒からコンちゃんを外して捨ててくれた。
そして、なんとお掃除フェラをしてくれた。
タイの女性にやってもらったのは初めてで、びっくりしながらも相棒に再び元気が出てきた。

すると「もう一回やるか?」と言いながら
生のままプロイはゆーじに跨って、自分から挿れてきた。
生は怖いけど、この感触は止められない・・・

プロイは自分の好きなように動き出した。
イキかけると身体を倒してきてゆーじにキスをせがむ。
そしてゆーじが腰を動かして突いてあげるとそのままイッてぐったり。

また息を吹き返すと、自分から腰を動かして・・・を2回ほど繰り返した。

ゆーじは身体を入替えて、正常位に戻して、もう遠慮なしに突きまくる。
プロイがイッてお構いなし。
そして何度目からプロイのタイミングに合わせて、ゆーじもイッた。

そう生中出し。

プロイの隣にゴロリと横になる。
プロイは中に出されたので「あなた悪い人」と言いながらも
ニコニコしてまたお掃除フェラをしてくれた。

お掃除を終えるとそのままバスに消え、中からシャワーの音が聞こえてきた。
その間ゆーじはゆっくりとスマホ操作。

プロイは着替えも終えて出てきた。
ショートの約束なので、何の問題もない。

ベッドの上の自分のスマホを取り、そのままゆーじにキスをしてくる。

カカオはやってるのか?と聞くのでLineしかやってないと答えると
IDを教えろ!というので、伝えると素早く操作して友達申請してきた。

すっきりした顔でプロイは帰って行った。

 

 

1人でシャワーを浴びて、身体を拭いていると部屋の呼び鈴が鳴った。

覗き穴から見るとプロイが立っている??

ドアを空けて招き入れると、バツが悪そうな顔をしながら「今日のお金」と言ってきた。
そうだった明日の約束に気を取られていてすっかり2人とも忘れていた。

少しだけチップを弾んで渡すと、飛ぶついてキスをしてきて「大好き」と言って帰って行った。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください