タイ旅行記14「バンコク2人目の女の子とのキスはビールの味がする」

彼女はベッドに腰掛ける
そして日本のお菓子をもっと食べてみたいと言ってきた

パタヤの嬢へのお土産の中から選んで渡す
「ベビースターラーメン」

彼女はすごく喜んで食べた
彼女の名前は「シリポーン」

まー本当かどうかはわからない

一緒にビールを飲むかと言うと
少しならOKと答える

缶ビールを開けてコップに注ごうとすると
ノーノーそのままでいいと言って缶をゆーじから取り上げて
グビグビ飲み始めた

少しって意味が違ったのかな?
シリポーンは半分程度飲んで、缶をゆーじに渡す
おー間接キス!と子供みたいに思ってそのままゆーじも飲む

するとケラケラ笑いだして(笑い上戸?)
ゆーじを叩いてくる(あくまでも軽く)

その手を取って叩くのをやめさせようとすると
逆に捕まらないようにして、間隙を縫って叩いてくる

寝てるところを起こされて、叩かれて・・・・
あきれて反応をやめると
シリポーンは俺が怒ったのと思って心配そうな顔で見つめてくる
ごめんなさい!というので、大丈夫だとと答えるとまたニッコリ

一か八かの賭けで、両手を広げてみた

シリポーンは・・・
ゆーじの胸に飛び込んできた

恥ずかしそうに見上げてくる
ゆーじはそれを無視して缶ビールを一口飲む

そうしていきなりキスをしていく
シリポーンは最初からわかっていたみたいに
大人しく受け入れていく

キスの最中に、そーと口を開けて
シリポーンの口の中にビールを流し込んでいく
これにはビックリしたようだ

それでもゴクゴクと飲み干して
そのままディープキスに突入
甘いキスの味ではなくビールの味がする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください