タイ旅行記15「フェラが上手くないので、舐めだるま親方が降臨する」

 

キスをしながら彼女の服を脱がせる
休憩とはいえ、スタップの制服を着てきたので
少々時間がかかったが、上を脱がせた

シリポーンはそれほど豊かな胸ではない
たぶん・・・Bカップ
可愛いおっぱいだ

ゆーじは裸にガウンを纏っただけなので
自然に前が開いてしまっていた
当然相棒もコンニチハ(笑)

それをシリポーンは見て、またケラケラ笑う
でも笑いながらしっかりと握ってくる

彼女に下も早く脱ぐようにと伝える
承知したといわんばかりの笑顔で
パンツまであっさり脱いでいく
こういうところは日本の女の子とは異なるところ

さーやるぞ!

ベッドに横になり、隣に寝るようにおいでおいでする
ケラケラと笑いながらも、速攻で横にやってくる

今度は胸を揉みながらキスをしていく
あまり声はあげないけど、それなりに感じているようだ

シリポーンはフェラしてくれるのかな?
そう伝えると、少しのためらいの後に
咥えてきた

いきなりである

まータイの女の子はこういうことがよくあり
そしてあまり上手くない

ゆーじはフェラによる快感を求めてるのではなく
可愛い女の子に相棒を咥えさせているという
自己満足に浸っていた
でも上手くないので、そこそこに(笑)

代わりにゆーじが舐めダルマになる番

シリポーンが挿れてくると思ったらしく
綺麗な両足を開いてくれる
ガウンを脱いで、彼女の股の間に入る
そしてアソコにムシャブリつく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください