こゆき6「バックシート・ラブ」

 話そ続けろ!

といった意味で

ドアをゆーじは指差す

 

なんでもないよー

ごめんごめん

窓の外を何か横切ったみたいで・・・・

 

ドアを向いてるのに

窓の外のことがわかるのか!

とツッコミはせずに

 

ゆーじは臨戦態勢が整った相棒を

こゆきさんのアソコにロックオン

 

え??

といった表情をするこゆきさん

 

こゆきさんの股間に顔を埋めている時に

ズボンとパンツは脱いでいた

 

覚悟を決めたこゆきさん

 

ごねんねーマリー

あと30分くらいしたら出かけらるーーー

 

ゆーじの相棒がこゆきさんの中に

にゅるりと入る

 

あ・・

 

微かにつぶやくこゆきさん

マリーには聞こえない程度の声

 

つーーーーと半分ほど入れる

 

ように・・・じゅんび・・・するから・・・

 

声が途切れ途切れになり

心なしか声も低い

 

そしてゆっくりと相棒を引いてい

 

うん、わかった!

30分ぐらいしたらロビーで待ってるねー

 

お!もう少しいてくれた方が

面白かったのに

マリーは去って行った

 

ドアの向こうでこゆきさんとゆーじが

繋がっていることはわからなかったようだ

 

マリーの足跡が遠くなっていく・・・

もう遠慮することはない

 

こゆきさんは手をドアに当てて

身体を支えている

こゆきさんの腰を掴んで

速度を上げる

 

あああーーーー

んんぃ・・

いやーーー

 

いやいやいやーーー

 

ちょっと静かにしないと

マリーに聞掛けちゃうよ

 

なんせあと30分しかない

いや実質は10分程度か

 

 

どうする相棒?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください