ひめ2-8「虹色の湖」

夕食は旅館ではなく
河口湖町にある焼肉の「武石」

今でこそ有名なお店になったけど
昔からのよく通っているお店だ

このお店のお肉は新鮮で
薄くスライスしたものではなく
幅が厚いブロック状だ

ロースは生でもイケるが
自己責任で!

たらふく食べた後は旅館まで
歩いて帰ることにした

途中で河口湖畔に出る
ちょっとした公園があったので
休憩することに

ベンチに並んで河口湖を眺める

ふぅ~
ちょっと飲みすぎたかな
でも気持ちいいー

ふふふ
お肉が美味しかったねー
わたしもちょっと飲み過ぎたかなー

このままだと旅館に帰ったら
二人ともすぐ寝ちゃいそうだね

えー!!
まだお風呂に入ってないしー

あ!!
そうだったね
すっかり忘れてた

混浴じゃないのが残念だなー

ゆーじくんに襲われないから
ゆっくり入れる~w

 

って・・・
ここ公園だよ!
誰かに見られからダメ!!

ひめの太ももからアソコにかけてを
サワサワと触っていました

アソコもツンツンとしながら
中指でアソコを上下になぞるように

もう~
気持ちよくなっちゃうからダメ!!

もうグチョグチョだよ

そんなことないもん!

だってほら!

突き刺すようにグリグリする

もうー!!
ね、ね、これ以上はやめて

えー!!
そのためにスカートを
履いてきたんじゃないの?
パンツも履いてないしw

もうーゆーじくんが履かせて
くれなかったんじゃない!

ひめはノーパンで出かけてたんです

一種の調教といいますか・・・

中指を愛壺の中にグイっと入れる

あぁん・・・ダメ

中を掻きまわすと
愛液がグチョグチョ音を出す

あ・・・ん
音を立てないでぇー

じゃーちょっとだけね

ゆーじは自分のスボンとパンツを
膝上辺りまで下げる
相棒は臨戦態勢にはいっている

え、ええっ??

じゃーこのまま座って

ひめのスカートを広げて
ゆーじの膝の上にひめを座らせる
そしてゆっくり相棒を蜜壺の中へ

 

結局この旅行中は
生中出しがOKだったので
2人でヤリまくったのは
いうまでもない

 

ひめさんと出会った

サイトはこちら>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください